トピックス

塩水噴霧試験機モデルチェンジのお知らせ


さらなる設置しやすさを追求した「塩水噴霧試験機 STP-90V-6型」にモデルチェンジしました。

 

塩水噴霧試験機とは…

塩溶液を連続で噴霧することで試料の腐食劣化を短時間で発生させます。防食効果の比較や受入検査・ロット検査など品質管理の用途において広く用いられています。

 

【特長1】試験槽サイズはそのままに本体の幅を約19cm削減。

もっと自由に設置場所を選べるように、溶液補給タンクを本体の下部に配置することで従来機(STP-90V-5型)より幅方向を約19cm削減しました。

 

【特長2】塩溶液を均一に噴霧する噴霧塔方式(意匠登録)。

JIS Z 2371準拠の「噴霧塔方式」を採用しています。

 

【特長3】pH の変動を抑える空気遮断ボード(PAT.) 。

溶液補給タンク内に空気遮断ボード(PAT.) を設け、溶液と空気の接触を少なくすることでpH の変動を抑えました。

 

【特長4】短時間で試験温度に到達する蒸気加熱方式(PAT.) 。

試験槽内を蒸気管によって加熱することにより、槽内温度を迅速に上昇させ、槽内温度分布を均一にします。

 

【特長5】一目で内部を確認できる溶液補給タンクと空気飽和器。

溶液補給タンク前面および空気飽和器筒部が透明で、一目で内部の状態が確認できます。

 

※写真の装置はオプションを追加した特殊仕様です。

 

ページトップへ